漫画『U12』ネタバレ【ロリコングロ漫画】

漫画『U12(アンダートゥエルブ)』
作:闇川コウ(やみかわこう)

こんにちは。という漫画を読みました。めちゃくちゃグロイです。

何回か宣伝を見たことがあり、成人向けのエッチな漫画だと思っていましたが違いました。

少女たちが大人たちにより残酷な運命を強いられて心も体も壊れていく漫画です。

確かに性行のシーンもありますが、これで興奮している人はいやだなー。

 

漫画『U12(アンダートゥエルブ)』あらすじとネタバレ

泣きながら恐怖と痛みに打ちひしがれながら犯される少女。
読んでいて顔がゆがみます。

<スポンサーリンク>

ある日謎の施設に連れてこられた12人の少女は老人にこう言われます。「本日をもって君たちの人権を停止します。」彼女たちは別に罪を犯したわけでもありません。

漫画を読んでいくと親がお金のために売ったようなシーンがあります。

子供の未来はお金で買えるものなのでしょうか。
そんな親にはなりたくないです。

連れてこられて5日間は何事もなく、ご飯ももらえますが話は動きます。

 

「お楽しみ会」が開催されました。

実は少女たちが連れてこられた施設は刑務所、それも特殊な人たちが集うところでした。

少年少女を狙った異質な性癖を持つ者たちが集められたところ、強姦や殺人、監禁など更生の余地がなく世間に放つのは危険だと判断された者たちのたまり場です。

新たに可決された法律、詳しくは明かされていませんがそれのせいで少女たちはこの以上殺人者たちに奉仕しないといけないのです。

お楽しみ会は最低30分。30分を超えたら部屋に帰ることができます。

1人の当選者が少女たちを追いかけ猟奇的な趣味を楽しみます。おぞましい。

1人目が捕まり、見るも無残な姿に。続いて主人公が捕まります。

これは終わった、殺されるかもしれない。誰もが思いました。

しかし、犯罪者は倒れます。もう一人の女の子が後ろからリコーダーを突き刺したから。

そしてこのセリフ。「ロリコンは人間じゃないから殺しちゃっていいの。」全国のロリコンさん、気を付けてね。

12人の犯罪者を満足させれば解放されます。しかし、全員がお楽しみ会から逃げ切るとカウントされません。犯罪者を殺すのはカウントされます。

少女たちは解放を目指して残り11人の犯罪者と戦うことを決意しました。

理不尽なゲームを乗り越え、彼女たちは脱出することができるのでしょうか。

そもそも人権停止ってなんやねん。普通は犯罪者の人権を停止するもんじゃないの。

いろいろと謎は多いですし、主人公が少女という点で好きではない人も多いかもしれません。
が、はっきり言ってハマる人はハマります。

私はすっかり虜になってしまった一人です。

グロ・ミステリーが好きな方にはオススメします。
無料立ち読みもあるので、チェックしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です