学園×封鎖(1〜6巻)のネタバレと感想!テロリストとゾンビから逃げきれ!

漫画【学園×封鎖】

絵が綺麗なパニックアクション。ある日の平和な昼下がり。
テロリストに占拠された高校。
テロリストたちは危険な生物兵器を所持し、自衛隊はうかつに入ることができない。
しかも重傷を負ったテロリスト集団のリーダーは自らにその細菌を注射!?

学園×封鎖 1
<スポンサーリンク>

⇨漫画【学園×封鎖】無料試し読み
(サイト内の検索で「学園×封鎖」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『学園×封鎖』ネタバレ

1巻

ある日の平和な昼下がり。

ある高校に現れた黒い車たち。

そして銃をもった黒い集団。彼らはテロリスト。

彼らの武器は銃だけではないなんと彼らは恐ろしい生物兵器を所有していて!?

じつはこのテロリスト集団のリーダー鬼灯は重症を負っていました。

そのまま鬼灯は保健室で治療をうけ副リーダーのマスクは放送室にいき校内放送で「学園封鎖」を流します!

 

2巻

学園が封鎖されて翌日。

幼馴染のユキとタケは警察や消防に連絡をとろうにも電話はつながらない状態。

一方ほかの生徒たちはこの状況から逃げる方法を考えはじめます。

そんな生徒を後目に教師たちの公開処刑を行うテロリストたち。

 

3巻

封鎖2日目。

秋吉が野原の目の前で殺されます。

テロリストの部下たちは冷徹なリーダー鬼灯が感情的に変化していることに、生物兵器が作用しているのかと疑いはじめます。

テロリストたちは教師の死体を埋めた生徒たちを集め生徒たちに命がけのゲームをやらせて1名だけ解放するといいだします。

そのころ一部のメンバーたちのなかで反乱の計画が行われはじめました。

 

4巻

封鎖3日目、野原は自分のことを責めていました。

大地も秋吉もみんな自分のせいで救えなかった!!

ミホは野原を慰めるためにハムスターのリオを連れてきますが野原は手をかまれてしまいリオは逃走。

そしてリオを追って野原とミホは教室をでます。

そのときクラスに戻ってきた聖。

その全身はまさにぼろぼろの状態で、でも聖はしっかりと解放する生徒のリストをもってきました。

一方たくさんの生徒が閉じ込められた体育館。

そこではゾンビ化したものも交じってすごい惨劇に。

そこからなんとか逃げ出した勇と加奈は地下室へ逃げ込む。

 

5巻

深夜0時。

高校生たちは反乱を開始。

テロリスト側にも裏切者が現れ状況が有利になってきたのです。

そして神崎はリーダー鬼灯の射殺に成功。

しかしテロリスト側もやられっぱなしなわけがないです。

 

6巻

封鎖4日目反乱は成功かに思われました。

しかし体育館から湧き出るゾンビたちの侵入によりテロリストとの戦いはさらに混乱を極めていきます。

まだこれで4日目か・・・

 

⇨漫画【学園×封鎖】無料試し読み
(サイト内の検索で「学園×封鎖」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です