うなぎ鬼(1巻~3巻結末)のネタバレと感想!この夏おすすめサイコホラー

漫画【うなぎ鬼】

借金に苦しんでいた男はある日裏稼業にはげむことに。
任務は重いコンテナを運ぶこと。はたしてこのコンテナの中身とは!?


<スポンサーリンク>

⇨漫画【うなぎ鬼】無料試し読み
(サイト内の検索で「うなぎ鬼」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『うなぎ鬼』ネタバレ

主人公倉見勝は33歳。

ギャンブルにおぼれて借金が日に日にかさんでいる。

破産も秒読みというところだ。

そんなある日そんなダメ男はチワキという金融会社社長に拾われる。

まぁ金貸しです。

そこで借金の取り立てしたりしていたんですけど、社長からおいしい話に誘われます。

それは50~60キロあるコンテナを運ぶだけで一晩で15万もの報酬がもらえるというもの。

運ぶ場所は社長の弟がやってる会社。

そこは水産会社で「うなぎ」の養殖をやっていた。

 

さてコンテナを運ぶ下見にきた倉見。

その会社は「クロム」と呼ばれる不気味な雰囲気の町にあるんですけど、なんか人間が住んでいるとは思えないかんじ。

そしてその水産会社で働く人たちもまた普通ではない様子。

どうやら倉見が運ぶのはうなぎ用の餌らしい。

が、いざコンテナをいざ運ぶ段階になって倉見は気づくのです。

その中身の餌はなにかわからないけどとりあえず元生き物で今は生きてはいないということを・・・

なんかもう闇稼業ってかんじだしやっぱ怖い想像がどんどん頭を走らせてしまいますよね。

さてうなぎはなんでも食うのか?

社長のチワキは倉見に「うなぎってのはタンパク質ならなんでも食っちまうそうだ・・・なんでもだぜ」っていってきます。

これがますます、もう中身って中身ってアレなんじゃアレという想像力をかきたてます。

だからもう読んでいるだけでハラハラしてきます。

<スポンサーリンク>


style=”display: block;” data-ad-slot=”8866061938″

 

 漫画『うなぎ鬼』結末と感想

このあと倉見の前にミキという名の女が現れて倉見はミキのとりこになっちゃうかと思いきや、倉見騙されてました。

それを知った倉見はこのミキを殺してしまいます。

さてこのことが倉見の結末まで左右する展開になります。

その要因となったのがミキがあのうなぎの水産会社のあるクロム町出身ということでした・・・。

この漫画よめばよむほどハラハラどきどきしてやられます!

うなぎをこんな風に生かしたアイデアがまた良しですね。

しかもテンポよく読みやすくて3巻までなんですぐに一気読みできます。

 

⇨漫画【うなぎ鬼】無料試し読み
(サイト内の検索で「うなぎ鬼」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です