山羊座の友人(1巻2話〜)のネタバレと感想!殺人犯で自殺をする予定の同級生を救えるか!?

漫画【山羊座の友人】

いじめっ子を殺害した若槻を家でかくまうことにしたユウヤ。
果たして未来の日付できた新聞にかかれていた内容に逆らい若槻の自殺をとめることなどできるのか!?


<スポンサーリンク>

⇨漫画【山羊座の友人】無料試し読み
(サイト内の検索で「山羊座の友人」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『山羊座の友人(1巻2話〜)』ネタバレ

事件の真相、謎をとく手がかりとなるのがこちら↓

・学校に登校するとノゾミがコンタクトになっていた。
眼鏡をうっかり踏みつぶしたらしい。

・ノゾミは若槻のいじめをみかねて先生に相談した過去がある

・若槻はメールを送りたい人がいるとユウヤのPCをかりる。
ユウヤは受け取ったものが警察にチクることを心配するが若槻は「絶対大丈夫」と確信をもっている。

・若槻いわくノゾミはサッカー部の佐々木と付き合っている

・若槻はノゾミが好きっぽい

・事件のあった日若槻は金城から呼び出された

・亡くなった金城の携帯8のキーに血がついていた

・金城は若槻いじめだけでなく婦女暴行などの過去もあるも思われる

・事件当日現場近くで雨でもないのに傘を持ち歩いた人が目撃されている

 

結果として殺したのは若槻ではありません。
犯人はノゾミと佐々木の二人。

この二人にはちゃんとした動機がありました、そして若槻は若槻で2人をかばう動機が。

このあと若槻が警察に捕まります。

そしてユウヤはノゾミを呼び出します。

それはユウヤにはこの事件の真相がわかってしまったから。

その後ノゾミは自首。

ユウヤはこれで若槻の死を防げたと思いました。

しかし現実の新聞で明らかになったのはノゾミの自殺でした。

この描き方がまたよかったです。結局そうくるかってかんじが。

 漫画『山羊座の友人』感想

このタイトルにもなっている山羊座は若槻の星座であり、未来新聞の裏に動物園のヤギが逃走と書かれていたのを若槻が発見。

ヤギは自分の星座だから親近感があると。

1番好きだったのはありえないことに逃走したヤギがユウヤたちが乗っている電車にやってきてパニックになる車内のシーン。

そのなかで若槻はヤギの目の前にきて「やぁ外の世界は楽しかった?」ときく。

これはまさに乙一さんらしい書き方だなと思いました。

 

⇨漫画【山羊座の友人】無料試し読み
(サイト内の検索で「山羊座の友人」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です