カリスマ 漫画のネタバレと感想 新堂冬樹原作の闇宗教サスペンス

漫画【カリスマ】

宗教がもとになった恐ろしい犯罪や事件など現実でおこることもありますよね。
さて親が普通の宗教と違う異質な宗教な信者だった場合その子供も同じく宗教にのめりこんでしまうものでしょうか。
カルト宗教の闇にせまる戦慄のグロ系サスペンスです。グロ耐性がない方はご注意くださいませ。
カリスマ 1

<スポンサーリンク>

⇨漫画【カリスマ】無料試し読み
(サイト内の検索で「カリスマ」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『カリスマ』ネタバレ

トラウマがもつ少年の心にともるのは光かはたまた闇か・・・

ある小学校で節分の豆まきが行われていました。

岡崎平八郎は鬼になって周りのクラスメイトたちを笑わせていました。

さてそこへ突然女の人がやってきます。

その女性、なんと平八郎の母親でした。

母親は平八郎の頬を激しくぶちはじめ担任の先生がとめにはいりました。

平八郎の母はもともと美しくて優しくて平八郎の自慢でした。

しかし今の母親はその面影はなくその姿はまさに狂気に満ちていました。

「節分なんて背教的で不道徳なことを子供たちにやらせるなんて!そんなだから日本は悪魔に支配されるのよっ」

母親はそう叫ぶと平八郎を家に強制的に連れて帰りました。

その後、家では母親から暴力をふるわれます。

そして母親は泣く平八郎を抱きしめながら

「悪魔から平八郎をまもるため」といいます。

 

じつはこの母親ある宗教の熱心な信者。

「メシア」なる人物を崇拝していました。

その影響で今や家の中は散らかり放題

いつも夕食は「肉食は人間を動物化させて犯罪者をうみだすもの」と

いう教えにのっとり野菜と大豆のみ

 

父親はまともで母親をなんとかしようとしますが

母親は聞く耳もたずで暴れる始末。

 

また節分の一件以来平八郎の母親が狂っているということが噂になり

平八郎は次第に塞ぎこんでしまいます。

 

そして聖なるクリスマスの日 平八郎の心に一生忘れわれない残酷な事件が起こってしまいます・・・

 漫画『カリスマ』感想

クリスマスの事件怖いですよ。

クリスマスにも関わらずいつもどおり大豆と野菜の食事を平八郎がとっていると父親がクリスマス用の夕飯を平八郎のためにもってかえってくるんです。

久しぶりの肉に平八郎も喜びます。

ちなみにそのとき母親は外出中でした。

父親はこのとき母親を精神病院に入院させることも考えていました。

するとなんとそのあと、帰宅した母親は父親を刺し殺して自殺してしまうのです。

原因は平八郎が母親のクリスマスプレゼント用に書いた一枚の絵でした。

これはもう子供にとって超ど級のトラウマです。

読んでいるこっちも怖い!

そしてその後成長した平八郎がどんな道をたどっているのかがまた意外で面白い!!

 

⇨漫画【カリスマ】無料試し読み
(サイト内の検索で「カリスマ」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です