夜見の国から~残虐村奇譚~② 漫画の無料ネタバレと結末 猟奇殺人が起きる夜

漫画【夜見の国から~残虐村奇譚~】

「津山事件」という太平洋戦争中に起こった日本最大の連続殺人事件をご存知ですか?
この漫画はそれをモデルにつくられました。私はもともとこの事件や犯人の顔なども知っていました。
そのためこの漫画の怖さは何も知らないよりさらに感じてしまったと思います。
より恐怖を味わいたい方はネットなどで検索して事件のおおかたをしったうえでこの漫画をみることをオススメします。
そのうえでこの犯人の思考や犯行シーンなどを漫画でみるのです。(注:ホラーや残虐なシーンが苦手な方はこの事件にもこの漫画にもふれるべからず)とりあえず前編からどーぞ☆

⇨「夜見の国から~残虐村奇譚~」前編のネタバレ
【一般】夜見の国から~残虐村綺譚~

⇨漫画【夜見の国から~残虐村奇譚~】無料試し読み
(サイト内の検索で「夜見の国から」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『夜見の国から~残虐村奇譚~』ネタバレ

病気で村八分にあい睦男の心に恨みの念がわいてくる

睦男の肺病が判明したとたん

村人たちは病気がうつるといって睦男を村八分にした

唯一の睦男の身内である祖母はこれをみてみぬふりをした

それから睦男は時々死んだはずの尼さんがみえるようになった

尼さんは睦男をみながらただ微笑むだけ

睦男はその後 村人によって何回もひどい暴力と拷問をうけた

そんなある日 みな子が睦男に「一緒に明日の夕方に村をでよう」と誘われた

もちろん睦男は承諾し祖母にみつからないように村をでる準備をする

しかし翌日 約束の時間になってもみな子は現れませんでした

そしてみな子の家にいった睦男は衝撃の事実を知る。

なんと「みな子なら今日 嫁に出した」と両親からいわれてしまうのだ

みな子に裏切られた睦男の心中はみな子に対する殺意でいっぱいとなる

そんなとき睦男は偶然 森の中で銃を手に入れる

睦男は阿倍 定を尊敬していた

阿倍定とは・・・1936年東京にて性交中に男を殺しその男の性器をきりとり逮捕のときまで大切にもっていたという女殺人犯だ

睦男はその事件の新聞をスクラップにして集めていた

そして自分も尊敬する阿倍定のように大きな事をしたい・・・と考えるのです

そんなある日みな子が村に帰ってきた

睦男はとうとうその夜大きな事を決行するときが来たと立ち上がる

その凶鬼の背中には銃と日本刀が・・・

そしてその村の最恐最期の夜がはじまった

サァ大キナ事ヲハジメマス

 漫画『夜見の国から~残虐村奇譚~』感想

大きな事がとうとう始まってしまいました。

この漫画どこまでフィクション、ノンフィクションかはわかりませんがやはりなにも動機がない中でいきなり村人虐殺がはじまるのはちょっと考えにくい。

実際村人たちからのひどい暴力や村八分の状態はあったのかもしれませんね。

そして本当の事件の通り「みな子」だけは生き残るのですよね。

あんなに裏切られて一番殺したかった愛しい女、でも結局最後の最後ではできませんでした。

そしてすべてが終わったあと睦男は自ら命をたち夜見の国へと戻っていきます。・・・

あ~やっとこの漫画について書き終わります!

書きながら怖かったです!!

私こそ大きなことを成し遂げた気分になりましたよウフフフ・・・

⇨漫画【夜見の国から~残虐村奇譚~】無料試し読み
(サイト内の検索で「夜見の国から」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

意外と知られてない?電子コミックを無料で読む裏技

まんが王国コミなびなどの電子コミックサイトでは、無料試し読みなどを利用して1巻が無料で読めたりしますよね♩
でも、タイミングが合わないことってないですか?

そんな時に是非チェックしてもらいたいのが!!!

U-NEXT【ユーネクスト】の1ヶ月無料お試しキャンペーンを使う裏技。
意外と知られてないですよね。
だって私も最近知りました(笑)

U-NEXTって動画配信サービスのイメージが強くないですか?
実は私。。。見逃したドラマが見たくてU-NEXTの無料お試しキャンペーンに登録したんです♩
すると!!電子書籍も取り扱いがあったんですよ♩

電子コミックは有料のものもあるんですが、無料お試しキャンペーンでは600円分のポイントがもれなくついてきます!
そのポイントを利用して有料の漫画も読めちゃう!
しかも1ヶ月無料で動画も見放題!無料のコミックだってありますよ♩
私は、ポイントを使って原作コミックを読んでからドラマを見ました。

普段は16日間無料だそうですが、今なら31日間の無料お試しキャンペーンをやっています。
U-NEXTをまだ利用したことがない人は是非チェックしてみてくださいね!

U-NEXT無料お試しキャンペーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする