CATEGORY 生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと