骨が腐るまでのネタバレと感想【5人の誓いが揺らぐ時】

漫画【骨が腐るまで】

マンガボックスの人気作品です。
まだ1巻しかでてないけど、面白い!キャラクターもよくて漫画として久々に本気で結構ハマってきました。
子供のころの秘密を共有する5人の幼馴染たちの物語です。

骨が腐るまで 1巻
<スポンサーリンク>

⇨漫画【骨が腐るまで】無料立ち読み
(サイト内の検索で「骨が腐るまで」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

骨が腐るまでのあらすじをネタバレ

あれは5年前に5人の子供たちによって行われた秘密の出来事

 

信太郎はごくごく平凡なエロに興味津々なチビの高校生。

そんな信太郎の幼馴染は学校で結構目立つ4人です。

才色兼備の椿、イケメン生徒会長の明、小悪魔童顔の遙、元ヤンの竜、

彼らには5年前から毎年行っているイベントがありました。

それはある山奥に集合して5人それぞれ誓いのしるしをもちより地面の土をほることでした。

その地面の土からは白骨化した遺体。

これは5年前に5人で行った殺人でした。

毎年その遺体を確かめ合う5人。しかし今年は様子が違っていて!?

 

骨が腐るまでのあらすじネタバレその後

自宅に帰った信太郎は中学校のアルバムをめくったさいに「神崎明に気をつけろ」と落書きがかかれていることに気付きます。一体だれが?

その後明によって再び集められた5人、すると埋めたはずの遺体が消え、近くにおちていた携帯から「はじめまして殺人者諸君」という電話がかかってきました。

どうやら何者かに遺体がバレたようです。

そして電話の主からばらされたくなければいう通りにしろと5人は脅されます。

その内容はなんと何者かの死体を解剖説明書をもとにバラバラにすることで…

骨が腐るまでのネタバレ感想

面白い!面白いです。

まだ1巻なのでいっぱい謎があります。

ちなみに遺体の正体は信太郎の父親です。

父親から暴力を奮われていた信太郎、他の4人は信太郎を助けるために行いました。

そして父親にとどめをさしたのは椿。

椿と信太郎は両想いってかんじなんですが、椿は明と付き合ってるんですよね。

しかしここにもなにやら秘密が隠されているかんじで。

ミステリー要素もあって続きが楽しみです。

 

⇨漫画【骨が腐るまで】無料立ち読み
(サイト内の検索で「骨が腐るまで」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です