逃亡花のネタバレあらすじと試し読みのすすめ【サスペンスロマン】

漫画【逃亡花】

夫殺しの妻というレッテルを貼られた女性の復讐劇です。サスペンスものの映画やドラマ予にありそうな想外の展開などにハラハラ&ドキドキです。

逃亡花1
<スポンサーリンク>

⇨漫画【逃亡花】無料試し読み
(サイト内の検索で「逃亡花」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

逃亡花のネタバレあらすじ

小園井 咲子(24歳)3か月いつも通りの日常、パートから帰宅したときに事件はおきました。

家の前で不気味な入れ墨をした男とすれ違いました。

怖かったけど、なにもなく男は咲子に目をくれずにいましたのでホッとしました。しかし家に帰ると、なんと夫が殺されていて!?

思わず夫にかけよる咲子、返事はありません。

そのとき背後に人の気配がしました。

後ろには警察官がなぜかいて、咲子はその警察官に

「救急車を!」

と叫びますが、警察官はなぜか咲子に名前をたずねます。

咲子が名前をいうと警察官はなんと夫が警察に

「咲子に刺された」

と通報してきたといいだし…

 

逃亡花のネタバレあらすじその後

そのとき咲子がひらめいたのは先ほどすれちがった入れ墨をした男でした。

そのまま外にでて入れ墨男がまだいないか確認しまずが、誰もいません。

警察官は咲子が逃亡すると思い咲子を追いますが、背後に何者かが立っていました。

その後入れ墨男を結局みつけられず咲子は再び家に帰ります。

すると今度はさきほどの警察官が亡くなっていて…

その後咲子は逮捕され夫と警察官2人の殺人をしたという罪をきせられます。

もちろん咲子は入れ墨の男の話をしますが、警察官たちは咲子の話に耳をかしません。

そしてそのまま裁判となります。

懲役20年をいいわたされた咲子ですが、咲子の中にあったのは犯人を絶対に捕まえる!

私は夜叉になるといった強い決意でした。

逃亡花のネタバレあらすじ感想

画はしぶい青年系ですが、女性の方にもおすすめです。

こうゆう逃亡劇とか冤罪漫画って男性主人公が多いイメージですが、女性主人公ということでちょっと新鮮ですね。

このあと刑事におわれながらも、犯人の手がかりをさがしにいきます。面白いです。

 

⇨漫画【逃亡花】無料試し読み
(サイト内の検索で「逃亡花」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です