辻占売(つじうらうり)のネタバレ感想!【泣けるホラー】

漫画【辻占売】

絵が綺麗でテンポも良いホラー漫画。
オムニバス形式でいろいろな悩みをかかえた人間ドラマが見ものです。
ホラーっぽくはあんまりないかも。
どちらかというとヒューマンドラマ系です。

辻占売 1巻
<スポンサーリンク>

⇨漫画【辻占売】無料試し読み
(サイト内の検索で「辻占売」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

辻占売(つじうらうり)のあらすじネタバレ

未信の兄閑は占い師、いつも日中は書庫店の店番をしていますが、夜は兄は占い師として出かけていきますので、未信が店番です。

そんなある日夢で出会った女性と同じ香りの女性が店にやってきます。

じつは未信は目がみえません。この女性がなにをしにきたのかもわかりませんが、女性はいきなり「うちに遊びにきてください!」と未信の腕を引っ張ります。

手をつかまれた瞬間、未信は彼女の手にヤミをかんじました。

 

辻占売(つじうらうり)のあらすじネタバレその後

その後未信はどうやら女性の家につれていかれます。

家には幼い子供たちがたくさんいました。

子供たちは未信に興味津々な様子です。

兄弟かとも思いましたが、女性いわく預かっている子供たちとのことです。

どうやらみんな、親がいないようです。

そして女性は体調が悪いようで…

一体子供たちとこの女性の正体は・・・?

その後この出来事を兄の閑に相談した未信、すると女性につれていかれた場所には家も彼女たちもいなくてそこには小さな桜の木が1本ありました。

 

辻占売(つじうらうり)の感想

幻想的な話と綺麗でちょっと古風な絵に惹かれました。

じつはこの未信自身目は見えませんが、特別な能力をもっています。

この第一話の最後はなんだか切なくて優しい気持ちになりました。

彼女は桜の精、子供たちはこの下に宿る命だったり、幽霊のようなものだったというかんじで、明確な説明なんかはありませんでしたが、良い雰囲気の話だなぁと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です