ミュージアム ネタバレとあらすじ 【猟奇漫画】

漫画【ミュージアム】

最近ドロドロした漫画ばかり紹介していましたが、今回は久々にきましたよ☆
グロイ、エグイのが・・・なにげに前から気になってたこの「ミュージアム」全3巻なんですがどうしようか迷って結局3巻一気読みしました。
いや~グロさがよかったコレ。悪魔の蛙男が下す猟奇的な私刑の数々。
果たしてその犯人の目的と動機とは!?
ミュージアム 1巻

<スポンサーリンク>

⇨漫画【ミュージアム】無料立ち読み
(サイト内の検索で「ミュージアム」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『ミュージアム』ネタバレ

悪魔の蛙男が下す私刑により増える死体の数々・・・
蛙男の目的は「ミュージアム」を創ること!?

ある幼児猟奇殺人事件で犯人に下された判決は死刑

それからでした。

その判決に関わった裁判員たちが連続で殺害されていったのは・・・

犯人は蛙の仮面を被った蛙男なる人物

今回はその蛙男が下した猟奇的な私刑の数々をネタバレ紹介しちゃいます☆

 

1人目 上原 あけ美(26歳) 「ドッグフードの刑」

恋人との同居のために飼っていた子犬を捨てたこの被告。この刑の執行により廃ビルに監禁され鎖につながれ獰猛な大型犬数匹によって生きたまま犬の餌となりました。

 

2人目 堤 優一(28歳) 「母の痛みを知りましょうの刑」

無職の引きこもりであるこの被告。住居に侵入しスタンガンを使用し捕獲。求刑通り弓鋸で肉体から出生体重分の肉の塊3280グラムを取り出し殺害されました。

 

3人目 小泉 勤(44歳)  「均等の愛の刑」

不倫をしていた裁判官であり被告のこの男。体を頭部から綺麗に縦に半分に切られそれぞれ本妻と愛人の家にダンボールに詰め込まれ送られました。

 

4人目 瀬戸内 綾子(55歳) 「ずっと美しくの刑」

美容整形を繰り返していたこの被告。「永遠の美」を保ちたい被告の望みどおり巨大な冷凍庫に押し込まれて凍死となりました

 

5人目 真矢 恒彦(39歳)「針千本のーますの刑」

自称占い師のこの被告。大量の画鋲を口から飲まされ悶絶した状態で窒息死となりました。

 

さて蛙男の殺人コレクションいかがでしたか?

私的にはドッグフードと針千本の刑がなかなかのインパクトでした。

さてこの蛙男のコレクションはまだつづくみたいです。

どうかこの蛙男みたいになりたいとは思わないようにはご注意ください。

 

⇨漫画【ミュージアム】無料立ち読み
(サイト内の検索で「ミュージアム」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です