クダンノゴトシ 漫画の無料ネタバレと結末 異形との出会いからすべては狂う!

漫画【クダンノゴトシ】

これはまず表紙に一目ぼれ♡なんかこの暗い雰囲気にドアップでノッペリした人間(?)がいいかんじに恐怖感を与えてくれる感じ。
この漫画いろんな漫画サイトで評価も高いし読んでみたかった♪

クダンノゴトシ 1巻

<スポンサーリンク>

⇨漫画【クダンノゴトシ】無料立ち読み
(サイト内の検索で「クダンノゴトシ」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『クダンノゴトシ』ネタバレ

 

もし7日後に死ぬとしたらアナタならどうしますか?

第1話 辻元 光

大学の卒業旅行。車で仲のよい7人は伊豆にきていた

その7人がこちら

藤澤 伸司・・・出版社内定

馬場 あゆみ・・・スポーツ用品メーカー内定

小野寺 洋太・・・旅行の運転手。スポーツジム内定

河合 舞・・・食品メーカー内定

白石 辰巳・・・コンビニ家業を継ぐ予定

桜井 千鶴・・・印刷会社内定

辻元 光・・・オレ。内定未定

さて現在すでにあたりは真っ暗

車でオレたちがどこに向かっているかは正直わからない

わかるのは周りが木に囲まれた山道ということだけ

どうやら運転手の洋太 道に迷ってしまったらしい

まぁでも卒業旅行 最後にこれくらいハッチャける材料としてはもってこいだ

オレは洋太にどんどん迷えと扇いだ

暗闇の中どんどんスピードを増す車 

するとドォォォォンという音とともに車に強い衝撃音が!!!!!

そのまま車はとまった・・・今 何が起こった?

洋太の顔からは汗「何かがとびだしてきて・・・轢いた」

動物だろーっといいながら俺にも変な汗がでてきた

千鶴が青ざめた顔で言う「それって人ってコトないよね」

7人で車をおりて見に行くことにした

スマホの明かりを頼りに進むと巨大な塊のようなものを発見した・・・この巨大な塊は牛?

とりあえず人じゃなかったことに俺達は安心した

するとその牛はまだ生きていて顔を俺達のほうにむけた

その牛の顔を見た瞬間 

俺達は恐怖で悲鳴をあげ そして―・・・

 漫画『クダンノゴトシ』感想

これはなかなかレビュー評価高いだけのことはあります!牛(?)の不気味さがよくでてますね。

とくにこの牛のような生き物の「顔」が。

この牛の顔をみた瞬間 私も背筋がヒンヤリしました♡しかもこの牛 喋るんですよね。

これが人面犬とかと違って会話にならない不気味な言葉をブツブツいってるんで顔とマッチしてます。

そしてこのあとこの牛とかかわってしまった7人の未来は恐怖にかわっていきます。

これはやっぱ実際漫画でというか絵で体感してほしい!!

⇨漫画【クダンノゴトシ】無料立ち読み
(サイト内の検索で「クダンノゴトシ」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です