くさかんむり1-3巻のネタバレ感想【植物と生き物のバトル!】

漫画【くさかんむり】

昔、昔ある雑誌に掲載されるも3話掲載されたあと消息不明となっていた幻の漫画です。


<スポンサーリンク>

⇨漫画【くさかんむり】無料立ち読み
(サイト内の検索で「くさかんむり」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

漫画『くさかんむり』あらすじ

結花は見た目普通の女子だが家の中にはたくさんの草花が!

じつは結花は特別な能力をもっていました。

その結花を追っているものたちは結花のことを「くさかんむり」と呼びます。

 

その結花を追っているのは闇の集団で動物使いの「けものへん」。

はたして彼らが結花を追う特別な理由とは!?

 

漫画『くさかんむり』1,2巻ネタバレ

けものへんの集団が結花を狙う原因は結花に自分たちの子供をうませることです。

なぜならくさかんむりから生まれた子供は特殊能力をもっているからです。

逃げ回る結花でしたが途中で小夜、雑誌記者の志田、くもつかいの慶、おなじくさかんむりの華月など仲間が増えていきます。

 

漫画『くさかんむり』3巻ネタバレ

結花が一人でいるときにけものへんの鬼熊が現れます。

そいつがいうには華月をとらえたということで…。

慶の機転で鬼熊を倒した結花は仲間とともに華月救出へ向かいます。

そこで結花をまっていたのは以前対戦した犬神、犬神は華月は結花の助けは求めていないというが果たしてその真意は!?

犬神との闘いには勝利したものの負傷した慶はそのまま病院に。

そのあと結花は華月のもとへ一人でのりこみ華月をついに見つけるが・・・

 

漫画『くさかんむり』結末ネタバレ

華月のまわりはけものへんに囲まれていました。

すると華月はなんと結花を攻撃、でも気づけば泣きながらそして助けてといいながら…。

攻撃は華月の中での植物の浸食、そしてけものへんの仕業でおこっていまったことでした。

するとそのとき白い大蛇がけものへんを攻撃しました。

その正体は元けものへんの夜刀(前まで小夜として女装していた)でした。

夜刀は蟲使いを仲間にしけものへんに対抗し見事勝利をつかみます。

 

漫画『くさかんむり』感想

結末ネタバレまでみると夜刀って人が勝利してめでたし、めでたしってかんじですが、これにはつづきがあります。

問題はいきなりでてきた夜刀は本当に味方なのか?というところです。

ホラーという評価もあるこの漫画ですがホラーというよりバトルものってかんじです。

一見グロイシーンだけど絵がそこまでじゃないからそんなにグロくもないです。

⇨漫画【くさかんむり】無料立ち読み
(サイト内の検索で「くさかんむり」と入力して検索!)
⇨パソコンの方はこちらで読めます♩

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です